ストレートティー。

 アイスティーだの珈琲だの、砂糖とか、ガムシロなどのポーションが必要な飲み物って、大抵はそれらセルフサービス形式で置いてあるところが多い、と思うのだけど、マクドは置いてないお店よね。

 店舗によっては置いてあるのかな…ひとまず私が知る限りのお店には置いてなくて、注文時にミルクだのレモンだの必要なものもお願いするスタイルをとっている。

 アイスコーヒーと珈琲は砂糖(ガムシロ)とミルク両方ほしいので問題はないのだが、紅茶だけは砂糖(ガムシロ)だけでいい。

「ストレートティー下さい」

そうお願いする事になりますわな。

すると、丁寧な方なら「ガムシロップは御ひとつでいいですか?」と訊ねてくれるのだが、まあ滅多にそこまで聞いてくれるクルーさんはいない。

 

そして出てくる「ストレートティー」。これが統一性がないのだ。

 その時々によって、ガムシロを一つつけてくれる時と、無い時がある。

ストレートティーは、砂糖(ガムシロ)が付くものだ…と思うのだが。

(だって、他店で同じものを注文すると、必ず砂糖(ガムシロ)が添えてあるから)

 あれ、マクドのマニュアルではどうなってるんだろう?いつも思う。

 ストレート=無味

 という事になっているのか、或いは特に記載とかなくて、「ストレートティーくらい知ってるだろう」という店側の判断なのか…。

 個人的には後者な気がする。

  ストレートティーの知識がある人、ない人、気付かない人…注文を受けるクルーさんによりまちまちで、統一性がない、という事かもしれない。

これまで「ガムシロップ一つつけて下さい」とお願いしていたが、ちょっと興味があったので、ここ数か月間、マクドのストレートティーについての認識度をチェックしてきた。

 ガムシロを添えて出てくる確率と、出ない確率は僅かだが、出ない確率が高かった。

 という研究結果でした。

 でばば〜おいとま〜♪とお〜!!

 

 ※因みに、ストレートティーを注文して砂糖(ガムシロ)が付いていないのは、私の経験ではマクドだけだ。これはなかなか興味深い。理由が知りたいものだ※