被災4日目、疲労の色濃く苦しんでいる人ばかり

避難所で過ごす被災者には疲れや不安が広がっている。

福岡県朝倉市内でも被害が大きい地域にある杷木はき中学校体育館では、195人が避難生活を送る。間仕切りはなく、マットや畳の上で横になる。自宅と車が約1メートル冠水したという松岡サチエさん78は6日昼、知人宅から避難所に来た。避難所の食事は当初、おにぎりやパンが中心だったが、8日の朝食は炊き出しのちゃんこ鍋。温かいものはうれしかった。寝ている時の周りの話し声が気になるが、苦しんでいる人ばかり。どうこうは言えないですと我慢する。

持病の高血圧の薬は家から持ち出したが、腰やひざに貼る湿布は忘れてしまった。何とかしないとと不安を抱く。

藪内恵美さん80は、朝目覚めるたびに上下水道の復旧のめどが立たない自宅のことを思い出し、気が重くなる。エコノミークラス症候群対策に、携帯電話の歩数計を使い、周辺を1日4500歩ほど歩いているという。

男性75はとにかくお風呂に入りたい。避難所のボードには無料の入浴施設のリストが貼られているが、送迎はまだ準備中だ。車が水につかって身動きが取れず、施設まで行く足がないとこぼす。

朝倉市杷木池田の公共施設らくゆう館に身を寄せる日隈伸次さん71は6日朝、自衛隊員に連れられて避難した。ただ、大型の扇風機のゴーッという音が大雨のように聞こえ、寝られなかったという。7日には小さな部屋に家族6人で移った。

自宅は土砂に囲まれ、すぐには戻れない。集落全体が土砂にのまれ、流された家もある。家がなくならなかったからまだいいが、炊事もトイレもできない。土砂はとても1人で動かせないし、帰ってからどげんすればいいのかと不安そうな表情を浮かべた。